Appleが折りたたみiPhone用に中国の電子ペーパーディスプレイをテスト

Folding iphone displayrumor

Appleが開発中の折りたたみ式デバイスに搭載されるディスプレイについて、中国メーカーのE Inkが開発している電子ペーパーディスプレイがテストされていると伝えられています。

この電子ペーパーディスプレイは、カラーでありながら省電力であることが特性で、折りたたみ式デバイスのカバーやセカンドディスプレイ用途として主流になる可能性があるということで、テスト結果が良好ならAppleの折りたたみ式にも採用されることかもしれません。

これまで度々噂として出ているAppleの折りたたみ式デバイスは、折りたたむとiPhone、展開するとiPadのようなタブレットとして使うことができる9インチのデバイスと言われています。以前、米国特許庁に提出された特許によると、折りたたみ方法として複数パターンがテストされているようです。

またこの他にも、折りたたむとiPadのようなタブレット端末に、展開するとMacBookのようなキーボード付きのラップトップになるデバイスも開発されているようです。

スマホ市場の成長はやや停滞気味で、テコ入れとして大幅かつ目新しいアップデートが求められています。

折りたたみスマホが今後のスマホの主流になるかどうかはまだわかりませんが、2025年の登場が噂される折りたたみiPhoneが折りたたみスマホ市場を牽引するのは間違いないでしょう。

関連するエントリー