Apple Watch Series 7の本体は1mmサイズアップ、41mmと45mmに

AppleWatchSeries7 41mmand45mm 01

流出した3D CADデータにより、フラットエッジデザインに刷新される事が確定したApple Watch Series 7に続報が出ています。

先週、3D CADデータからのCGモックアップと共に伝えられた情報では、Apple Watch Series 7には1.8インチディスプレイと大きなスピーカーが搭載されることになり、44mmのみのサイズ展開になると言われていました。

しかし、新しい情報では、ケースのサイズは41mm45mmのサイズ展開になるということです。

 続きを読む

フラットエッジに変わったApple Watch Series 7は44mmのみ、iPhone 13と同時発表

AppleWatchSeries7 renderCG 04
(image:91mobiles)

Apple Watch Series 7のレンダリングCGが、91mobilesにて公開されています。

こちらはリークされたCADデータをもとに作成されたもので、製品版もこのデザインで登場することになります。

まず目につくのが、変貌した本体デザイン。これまでの馴染み深いラウンドエッジデザインから、フラットエッジデザインに変わっており、iPhone 11からiPhone 12へのデザインの変化を彷彿とさせます。

Apple Watch Series 7は、9月に開催されるiPhone 13のイベントで当時発表されると言われています。

 続きを読む

iOS 15/iPadOS 15/watchOS 8は空き容量が500MB未満でもアップデート可能に

IOS15 iPadOS15 500MB 02

iOS 15 / iPadOS 15 / watchOS 8のベータ3がリリースされました。

アップデート内容はバグ修正ということで特筆すべき変更点はないな・・・と思われましたが、ちょっと意外な新機能が追加されています。

iOS 15 / iPadOS 15 / watchOS 8のリリースノートに記載されているアップデート内容によると、デバイスのストレージ容量が500MB未満でもソフトウェア・アップデートが実行できるようになったというのです。

 続きを読む

Apple Watch Series 7はフラットエッジになる、AirPods Maxがロスレス対応の噂

Airpodsmax losslessupdate applewatch7

有名リーカーのJon Prosserが、PodcastでApple Watch Series 7とAirPods Maxのロスレス対応について言及しました。

それによると、Apple Watch Series 7の目立った変化として、本体デザインの刷新が伝えられています。

Apple Watch 7はフラットエッジデザインになる

Apple Watchのデザインが刷新されるのはSeries 4以来のこと。

iPad Proに始まりiPhone 12シリーズやiPad Air、24インチiMacのようなフラットエッジデザインが採用され、本体の内部構造も少し再設計が加えられるといいます。

 続きを読む

iOS 14.6やiPadOS 14.6が近く正式リリース、iOS14.5のバグ修正を含むアップデート

Ios14 6 rc release

しばらくベータ版として提供されていたiOS 14.6が、近日中に正式リリースされます。

同じタイミングでiPadOS 14.6、tvOS 14.6、watchOS 7.5もリリースも行われる予定です。

これらのリリースは、新型iPad Proの発売日である5月21日(金)に行われると予想されます。

バグ修正を含んだ小さなアップデートですが、iOS 14.5よりは安定しているので、特にiPhone 12シリーズユーザーの方は早めのアップデートをおすすめします。

 続きを読む