Galaxy S10の指紋認証は、画面に貼り付けた超音波指紋センサーで行う仕組み

GalaxyS10teardown 03

iFixitが、Samsungの「Galaxy S10」と「Galaxy S10e」の分解レポートを公開しています。

基本的な設計はかなり似ていますが、廉価モデルの「Galaxy S10e」はサイドボタンが大きく指紋センサーが搭載されています。一方、「Galaxy S10」には、ディスプレイに超音波指紋センサーが搭載されています。

ディスプレイ内蔵式の超音波指紋センサーは、どのように設置されているのか?

また、IP68等級の防水モデルでありながら、microSDスロットと3.5mmイヤホンジャックを搭載しているのもポイントです。

 続きを読む

折りたたみスマホの保護ケースはどうなる?Galaxy Fold用ケースが公開

Galaxyfold case 02

Androidで先行して開発が進んでいる折りたたみスマホ、ちょっと気になるのが保護ケースがどんな感じになるのか?という点。気になる方も多いのではないでしょうか。

ちょうどよいタイミングで、Samsung Galaxy Fold用の保護ケースの写真が公開されました。

Spigenが開発中のモックアップの写真とされていますが、ほぼ製品版と同じようです。

開発中の保護ケースは、Tough Armor、Ultra Hybrid、Thin Fitの3種類。
シェルの素材はTPUやポリウレタンが使用されており、開閉できるようになっています。

 続きを読む

SanDiskのExtreme micro SDXCカードに512GBと1TBが追加

SanDiskExtreme 1TB

SanDiskの超高速Extreme microSDXC UHS-I カードに、新しく512GBと1TBの容量が追加されました。

これにより、ラインアップは32GB / 64GB / 128GB / 256GB / 512GB / 1TBとなります。

めちゃくちゃ小さいmicroSDXCカードでも、とうとう1TBまで到達ですか・・・。

技術の進歩を感じますが、価格はそれなりにします。
北米市場での価格は、512GBが199.99ドル、1TBが449.99ドル。

 続きを読む

Oppo、折畳式スマホを公開も市販予定は無し、Appleは縦開きタイプを開発中?

Oppo oritatami 02

Samsung、Huaweiに続き、中国の家電メーカーOppoからも折畳式のスマートフォンの写真が公開されました。

OppoのヴァイスプレジデントがWeiboで公開したもので、写真をみると形状や折り畳み方などはHuaweiの「Mate X」とよく似ています。内側に折りたたむのではなく、外側に折りたたんで画面が裏表になる状態で折りたたむスマートフォンです。

同じ中国のメーカーだからでしょうか、共通点が多々あるのが面白いですね。

ただし、まだ試作モデルということで、市販するかどうかは検討している段階のようです。

 続きを読む

Huaweiからも折畳式スマホ「Mate X」価格はなんと2600ドル!

HuaweiMateX 01

Huaweiより、折畳式のハイグレードスマートフォン「Mate X」が発表されました。
ただし、お値段もかなりお高めで、先週発表されたSamsungの折畳式スマートフォン「Galaxy Fold」の価格1,980ドルを遥かに上回る2,600ドルという、高スペックのラップトップPCレベルの価格設定になっています。

HuaweiMateX 08

Samsungの「Galaxy Fold」との大きな違いは、折り畳み方。
「Galaxy Fold」はディスプレイが内側に来るように折り畳みますが、「Mate X」はディスプレイを外側にして折り畳むことができます。

タブレットモード、つまりディスプレイを展開した状態の画面の大きさは8インチ。
二つ折りにした状態では、縦長の6.6インチ(正面)、6.38インチ(裏側)になります。

 続きを読む