LINEモバイル、月額200円で全国のWi-Fiスポットが使えるオプション

LINEmobile Wi FiSpot

MVNOサービスの「LINEモバイル」で、月額200円で全国49,000箇所Wi-Fiスポットが使えるようになる「Wi-Fiオプション」のサービスが開始されました。

Wi-Fiオプションで利用できるWi-Fiスポットは、NTTブロードバンドプラットフォームが提供している「Secured Wi-Fi」。全国のスターバックスやタリーズ、モスバーガー、ロッテリア、ローソンなど大手チェーン店で利用できるWi-Fiスポットで、利便性は高いです。

初期設定を一度済ませれば、次からは「0001_Secured_Wi-Fi」に自動接続されるようになるので手間もかかりません。

 続きを読む

NECのモバイルルーターに普及モデル「MP01LN」nanoSIMx1で71gの小型軽量

MP01LN

NECのモバイルルーターに、機能と価格を抑えたエントリーモデルの「Aterm MP01LN」が登場します。3月1日より12,000円前後で発売されます。

液晶画面からしてかなり小型化された本体のサイズは50×91×12mm、重さは71gと小型軽量。

SIMカードスロットはnanoSIMが1つのみで、デュアルSIMは使えず。
LTEのみ対応(3G非対応)で受信最大150Mbps、Wi-Fiは最大433Mbps。 Bluetoothはありません。

着脱式で誰でも交換可能な内蔵バッテリーパックは1,670mAh。連続使用最大10時間、待受最大900時間となります。

 続きを読む

LINEモバイルがソフトバンク傘下に、回線はドコモからソフトバンクに変更

LINEMobile SB 01

LINEのMVNOサービス「LINEモバイル」の回線が、ドコモからソフトバンクへと変更されます。

これは、ソフトバンクがLINEモバイルとの資本提携とMVNO事業推進のための業務提携に基本合意したことによるもので、LINEモバイルの株式51%をソフトバンクが取得、残りの49%をLINEが保有することになります。つまり、ソフトバンク傘下のMVNOサービスになったということ。

LINEモバイルのブランド名やサービス内容はそのまま継承されますが、通信回線はドコモからソフトバンクに切り替わることになります。

 続きを読む

春頃より、ソフトバンク系MVNOでテザリングが使えるように

SBMVNO tethering 01

春頃より、ソフトバンク系のMVNOでもテザリングができるようになるようです。

テザリングとは、契約しているスマートフォンをモデムとすることで、他のスマートフォンやタブレット、PCなどでもインターネットに接続できるようになる機能。

ITmediaの記事によると、1月22日に総務省で行われた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会(第3回)」内で、ソフトバンクがMVNOのテザリングについて、2018年春頃に解放予定であることを発表したようです。

配布された資料を見ると、確かにMVNOの項目には「テザリング機能を解放 2018年春(予定)」とあります。

 続きを読む

mineoで国内SIMフリー版「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の取り扱い

Mineo iPhone7 02

ケイ・オプティコムのMVNOサービスmineoで2月15日より、SIMフリー版の「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の取り扱いが開始されます。

取り扱いモデルはmineoが独自調達した国内モデルで、「iPhone 7 128GB(レッド)」「iPhone 7 256GB(シルバーおよびローズゴールド)」「iPhone 7 Plus 128GB(レッド)「iPhone 7 Plus 256GB(ブラック)」など。限定カラーのレッドがあるのがちょっとポイント高し。

端末価格は、24回の分割払いで月々3,250円〜
Webでのみ取り扱いとなります。 

 続きを読む