Automatorでマウス操作を自動化して反復する単純作業の効率をアップさせよう

OS Xに実装されている「Automator」の記録機能を使うことで、OS Xでのマウス操作を自動化することができます。これは、マウス操作を記録して実行するという機能で、マクロやスクリプトの知識が無くても使う事ができます。

この記録機能はなかなか便利ですが、完璧というわけでは無く、ショートカットキーによる操作は上手く動作しない事が多いので、しっかりと自動化するには全ての作業をマウス操作で行うのがコツとなっています。また、マウス操作だけで記録したとしても、上手く動作する場合としない場合があります。(ちょっとした注意点があるので、それを守ればOK)

 Mac Automator mousesousa 01

マウス操作を記録する際の注意点

  • ウィンドウの位置が変わらないようにフルスクリーン(cmd + F)で行う。
  • ブラウザのタブの位置も揃える。
  • フォントのサイズは変更しない。
  • 他アプリのウィンドウがアクティブにならないようにする。

 続きを読む

OS X用アンチウイルスソフトを「ClamXav」から「Sophos」に変更、乗り替えの手順

Clam to Sophos

Macユーザーには馴染み深いアンチウイルスソフト「ClamXav」が有償化したことで、この機会に、OS Xでも動作するフリーのアンチウイルスソフトとして「Sophos Anti-Virus」(個人利用に限り無償)に移行しました。

まずは、ClamXavを綺麗にアンインストールしてからSophosをインストールして設定を行います。

ClamXavのアンインストールは手動で行わず、公式に提供されている専用の削除ツールで行って下さい。

 続きを読む

MacのVLCを複数起動する作業をワークフローにしてお手軽にする

VLC Fukusuukidou Automator 01

マルチメディアプレイヤーの「VLC」をMacで複数同時起動する方法をご紹介します。

その方法とは、ターミナルで1行コマンドを打ちこむだけ。
設定などの必要は無くて簡単、、、ですが、逆にちょっと面倒です。 

  1. Spotlightで「ターミナル」を検索して起動。
  2. open -n /Applications/VLC.app を入力してreturn。
  3. VLCが起動するので繰り返す。

そこで、この作業をワークフローにしてDockアイコンをクリックするだけで起動するようにします。

 続きを読む

任意の動画ファイルをMacのスクリーンセーバーにできる「SaveHollywood」

SaveHollywood 04

前回のApple TV 4のAerialスクリーンセーバーをOS Xで使う方法に続くMacのスクリーンセーバーネタです。

通常のスクリーンセーバーに飽きたというMacユーザー向けに、任意の動画ファイルをスクリーンセーバーとして設定できる「SaveHollywood」というスクリーンセーバーモジュールが配布されており、これを利用することで、Macのスクリーンセーバーとして映画やPVなどの動画ファイルを自由に設定することができるようになります。

 続きを読む

複数の画像にウォーターマークを入れるバッチ処理は「XnConvert」が便利

XnConvert Add Watermark Tips 02

XnConvert」は、クロスプラットフォームで使える画像変換アプリです。Windows / Mac / Linuxに対応しており、無料のツールながらかなりの機能を備えています。複数の画像をバッチ処理で一括加工するのにちゃくちゃ便利!!というわけで、今回は、この「XnConvert」の紹介と共に、複数の画像にウォーターマーク(著作権表示)を入れる方法を解説していきます。

ブログ記事を書くときや、その他のネット上に画像をアップするときの参考にして下さい。

 続きを読む